【処方コンセプト】手足のしびれや、言葉のもつれのある人

続命湯は、脳卒中の後遺症でよく現われる言葉のもつれ、手足のしびれなどに用いる処方である。経験的には発作後、服用が早ければ早いほど症状の回復を早めてくれる。社会復帰のためのリハビリには欠かせないものである。

◆ ストレスの多い昨今、肥満や飽食も手伝って高血圧、動脈硬化などの血管障害を引き起こす生活習慣病が増えた。その年齢層も年々若年化する傾向にある。中でも脳卒中は救命治療の発達により、亡くなる人は以前より少なくなったものの、患者数は依然減っていない。とくに脳卒中の後遺症は、運動障害や知覚マヒなどによりQOL(生活の質)を低下させ、認知症や寝たきりにつながるケースもある。

◆ 続命湯は漢方の古典(金匱要略)では「古今録験の続命湯は、中風(チュウフウ:半身不随)、痱(ヒ:麻痺)にて身体自ら収むること能わず(自分で自分の身体を動かすことができない)、口言う能わず(言おうと思っても言葉が出ない)、冒昧(ボウマイ:はっきりしない)にして痛むところを知らず、或いは拘急(コウキュウ:手足がひきつれる)して転側するを得ざる(寝返りもできない)を治す」と記されており、現代でいう脳卒中の後遺症によいこと(漢方の飲むリハビリ薬)がわかる。

◆ 最近の脳卒中の傾向として、脳出血より脳梗塞の方が多くなっている。脳梗塞で血流が悪くなったタイプには続命湯が適する。

※次のようなケースにも用いられている。
*卒中発作後に身体が思い通りにならないため、うつ症状を起こしやすい方。
*糖尿病でヘモグロビンA1cの高い方。
*咳や喘息のある方。(処方の中に麻杏甘石湯が含まれている)

【処方構成】9味

当帰、川芎、桂皮の3つが主薬で、脳や手足をはじめ全身の血液循環の改善、しびれやマヒ感、言葉のもつれを除く作用がある。それに麻黄と石膏の組み合わせによる利水作用で、浮腫を去り主薬の血液循環の改善を助ける。また、人参、甘草、生姜の3つは補気薬で、消化吸収力をよくして、全身の運動能力を高め、杏仁の止咳去痰で、言葉のもつれの改善に協力する作用が加わっている。血液循環の改善、利水消腫、補気、止咳去痰などにより、手足のしびれや言葉のもつれを改善する。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事