【処方コンセプト】オーラルケアのために。口腔内炎症のスペシャリスト。

口中や舌に口内炎や潰瘍ができ、熱い物や冷たい物、辛い刺激物などを食べるとしみて、ひどい場合には口に物を入れただけで激痛が走り食べられない。また、歯茎が腫れて膿んだり出血する。甘露飲は胃の炎症を鎮め、口中を潤すことにより、口腔内のさまざまなトラブルに対応する。

◆和剤局方・積熱門に「胃中喀熱、口気(口臭)、歯齦腫爛(シギンシュラン:歯槽膿漏にあたる)、 時に膿血、口舌生瘡 、咽喉腫痛するもの(中略)」とあり、胃に湿熱が溜まること(慢性炎症)によって起こる、 歯槽膿漏や口内炎、咽頭炎などに使われている。 ※瘡:できもの(口内炎・舌炎などの病気)

◆大塚敬節先生は「脾胃に湿熱があり、裏に瘀熱があって、しかも胃腸が弱く虚証を呈し、 口舌、咽頭、歯ぐきなどが腫脹糜爛(ビラン)して膿血を出すものに良い」と言っている。

◆甘露飲の証は陰虚内熱(体液が不足して熱を帯びる)で、慢性病や疲労による消耗や陰液(体液) が虚したことによって、熱を生じ口腔内が乾燥し粘膜が萎縮している状態。このタイプの口内炎は、再発を繰り返したり難治性のものが多く、慢性病に付随して発症したり免疫異常を伴うことが多い。

◆日本では中高年の80%が歯周炎を起こす歯周病(歯槽膿漏)を患っているといわれる。 歯周病は歯が抜けるだけでなく、最近では糖尿病や心臓病などの血管系の病気を悪化させることがわかってきた。 本方は歯周病の原因であるドライマウスを改善し、歯周病菌を抗菌し、歯周病などの歯茎の病気(はれ、やせ、出血)を改善するほか、糖尿病などの血管系の病気にも期待されている。

【処方構成】9味

地黄、麦門冬、天門冬は体に潤いをあたえ熱を去り、黄芩、枇杷葉は上焦の熱を冷まし、枳実は理気作用により上焦の熱を解すのを助ける。石斛も補陰の働きにより脾胃の虚熱を除き、茵蔯蒿は湿熱をとる。甘草はこれらの作用を調和する。以上9種の生薬が陰虚内熱を改善し口腔内トラブルを改善する。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事