【処方コンセプト】風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳に。

発熱後、熱は下がったけれど咳だけが残り今ひとつ体調が良くない。 原因は、体の奥に残っている熱です。この熱が体を潤す体液を減らすことにより、体の中は乾燥してきます。 その結果、気管支が乾燥し、敏感になり、炎症を起こし、少しの刺激で咳が出やすくなってしまいます。 竹葉石膏湯は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮めます。

◆出典の『傷寒論』『差後労復』には「傷寒、解する後、虚羸(キョルイ)、少気、気逆、吐せ んと欲する者、竹葉石膏湯之を主る」とあり、急性疾患の回復期に現れてくる、咳や息切れ、疲労感に使用することがわかる。
虚羸:やせ細っている状態 少気:呼吸が短く、弱い 気逆:咳、のぼせなどの症状
◆咳は大きく分けると乾性の咳と湿性の咳の2つに分けることができる。

乾性の咳の特徴 (竹葉石膏湯タイプ)
①顔を真っ赤にして激しく咳込む。
②痰の量は少なく、粘く切れにくい。
③喉が渇いたり、詰まったりなどの違和感がある。

湿性の咳の特徴 (小青竜湯タイプ)
①痰はサラサラしていて無色、量が多い。
②鼻閉を伴うことが多い。

◆竹葉石膏湯は麦門冬湯の加減方でもある。

麦門冬湯ベースで考えると乾性の咳に使用する。
その際は麦門冬湯より口渇、口中や唇の乾き、汗をよくかくなどの熱症状が強いことを目標とする。

【処方構成】7味

本方は麦門冬湯から大棗を去り、竹葉、石膏を加えたもの。 竹葉、石膏は共に寒性の性質があり熱を冷ます。竹葉には清熱の働きの他に上衝する気を引き下げる働きがあり、 石膏には清熱、消炎、口渇を改善する働きがある。また竹葉は石膏の補助として、熱性疾患後期の余熱を冷ますのに用いる。 竹葉石膏湯は、気道を潤して、炎症を鎮める構成になっている。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事