【処方コンセプト】おできの漢方-赤くはれて、化膿して、痛むものに

このタイプの方は、化膿性の腫れものが全身にできやすく、それが赤く大きくて時に痛むこともある。解表薬(体表の病邪を追い払う生薬)が主薬になっていることから、かぜの初期でノド・気管支に炎症が出てきたものにも応用できる。

◆荊防敗毒散の処方名には「荊芥・防風を主薬とした、化膿などの毒を敗退(しりぞく) させる散剤」という意味があり、瘡癰(ソウヨウ)(古くから一般に「おでき」といわれているもので、さまざまな化膿性の腫れものをさす)を治療する代表的な処方である。

◆2つの辛温解表薬が主薬になっていることから、病邪が表証にとどまっている皮膚炎(主に初期の化膿性疾患)に用いる処方と考えられる。

◆荊防敗毒散をもとに、華岡青洲が「十味敗毒湯」を創方したことは有名な話である。

◆十味敗毒湯と同様な使い方をするが、解表薬や清熱薬がより多く配合されており、化膿や炎症が強いものに用いることが特徴である。

◆解表薬が多く、鎮咳薬・去痰薬などが含まれていることから、初期の感冒などにも応用されている。

【処方構成】14味

十味敗毒湯からオウヒ(主に排膿作用)とショウキョウを除き、キョウカツ(辛温解表・止痛)、ハッカ(辛涼解表)、レンギョウ(清熱・
排膿)、キンギンカ(清熱)、キコク(理気)、ゼンコ(鎮咳・去痰)を加えた処方構成になる。解表薬や清熱薬、排膿薬が強化されている。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事