【処方コンセプト】食欲がなくて、食べると下痢をする人

このタイプの方は、基本的には食欲がなく虚弱で、貧血し、疲れやすく、冷え症である。 構成生薬は胃腸を補うものが中心で胃腸の機能低下を補い、湿を除き、停滞を巡らし、気を整える。 食欲不振・下痢・浮腫・帯下に応用される。

◆この処方は四君子湯に理気利水薬(気を巡らし、水をさばく生薬)と止瀉薬が配されることが特徴である。

◆一般には胃腸が虚弱で食欲がなく、だるくて下痢・軟便気味な人に用いる。便臭が少ないのも特徴。

◆穏やかに水をさばき胃腸を整える生薬が多く配合されており、胃腸虚弱者の慢性的な下痢によい。また、滋陰降火湯や知柏地黄丸などを用いると下痢するときや慢性の下痢で真武湯を使って効果がないときにも応用される。

◆体内で停滞した水が、粘性を帯びて食欲不振・食べると腹が脹る・泥状便などの湿痰の症状があらわれるときにも有効。

【処方構成】10味

四君子湯がベースになって補脾のサンヤク・ヘンズ・ヨクイニン・レンニクと理気のシュクシャ・キキョウを加えたもの。熱を助長する生薬が配合されていないので、長期服用も可能である。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事