④ 血流を良くする

中国において、更年期障害の女性を対象に、血を補う漢方を使ったところ、

30% 治癒

60% 重度から軽度に改善

10% 症状が軽くなり有効 という結果が出ました。

つまり、血を補うということは、更年期のトラブルに対して、とても大きな効果を発揮するということです。

血流が悪いということは、

「血がつくれない、足りない、流れない」ということです。

言葉を買えると、血流を改善するには、

「血をつくる、増やす、流す」というステップが大切です。

✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨

《血をつくる、増やす、流すために》

① 満腹よりやや空腹が良い。

腹八分目の食事

血が作れない大きな原因は、胃腸の働きが低下していることです。

まずは、胃腸の働きを高めることが大切です。

お腹がグーっと鳴るのは、

「お腹が空いたよ〜、食べたいよ〜」ではなく、

「掃除中だよ〜、食べないで〜」の合図なんです!

空腹が続くと、90分おきに胃腸の強い収縮によって、胃腸の掃除が行われます。

例えば、睡眠が8時間だとすると、90分ごとの

お掃除タイムが5回訪れるというわけです✌️

また、夜の空腹には《成長ホルモン》や《アディポネクチン》の分泌を誘発する特典もあります😄

 

② 朝ごはんを食べましょう。

できればパンよりごはん食。

朝ごはんは朝日を浴びるのと同じように、体内時計をリセットする効果があります。

米からのエネルギー「気」と「栄養素」が胃腸で取り出され、呼吸でとりこんだ精気が合わさって「血」が作られるのです。

③ 旬の野菜、肉を食べる

 

旬の野菜は栄養価が高いので積極的にとってほしいです。

肉は、特に鶏肉が良いです。

鶏肉は、タンパク質だけでなく、吸収の良いヘム鉄がたくさん摂れます。

薬膳でも「鶏肉は気血を補い、体を温め、胃腸の働きを助ける滋養食」と言われています。

 

④ 23時までには寝る

睡眠と血には、とても深い関係があります。

血液が作られる仕組みに1日のリズムがあり、睡眠中に造血システムがよく働き、血が作られます。

なので、眠らないと血が作られない、血が作られず足りないと眠れない、という“不眠スパイラル”が生じてしまうので、どこかで断ち切る必要がありますね!

ちなみに、夢を見る人は、血が足りない人が多いので、目安にするとよいですよ。

⑤ 静脈の血流を良くすることで血をめぐらせる

女性の血液量は体重の約7%。

体重が50kgの女性だと、3.5リットルです。

“むくみ”のある人は、足に約300〜800mlの血液が溜まり戻りにくく、酸素や栄養を摂取運ぶことが出来なくなるため、疲れを感じやすく、また上半身で血液不足がおきるため、肩こりや頭痛なども起こりやすくなります。

足のふくらはぎは、第二の心臓とも言われていて、ふくらはぎの収縮によって、心臓へ血液を送り返すことができるのです!

「かかと上げ運動」や「もも上げウォーク」など、

意識的に取り入れるようにしましょう。

〜当店おススメの 血流を良くする商品〜

 

《松寿仙》

 

《どこまでもキレイ》

 

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事