自然治癒力を高める本物の自然薬

松寿仙は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松葉・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果をあらわす滋養強壮保健薬です。

内容量

3本入り

効能・効果

次の場合の滋養強壮
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

製造 発売元

製造発売元:株式会社和漢薬研究所
〒371-0101 群馬県橋市富士見町赤城山1193
発売元:カポニー産業株式会社
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-8

区分

第3類医薬品

私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。これを自然治癒力あるいは恒常性維持能力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。

✨松寿仙 Q&A

  • Q1.松寿仙と併用してはいけない薬はありますか?
  • Q2. 松寿仙は妊娠や授乳期間中に服用しても大丈夫ですか?
  • Q3.どうして松寿仙は体に良いのですか?
  • Q4.松寿仙とワーファリンと一緒に飲んでいいですか?
  • Q5.高血圧、低血圧に松寿仙は?
  • Q6.透析をしていますが、松寿仙は飲んでいいですか?
  • Q7 .胃が悪いのですが、松寿仙は飲んでも大丈夫ですか?
  • Q8 .松寿仙をたくさん飲んでも大丈夫なのですか?
  • Q9. 松寿仙の効果的な飲み方は?
  • Q10.松寿仙にはなぜ防腐剤がはいっているのですか?

A1 松寿仙と相互作用を起こす可能性のある薬は報告されておりません。

A2 大丈夫です。
松寿仙は、妊娠や授乳期間中に対する注意は特に報告されておりません。
また、初期で催奇形性試験を実施し異常がないことを確認しております。

A3 原料の『赤松葉、クマザサ、人参』は古来より、上薬として『長寿の秘薬』と言われてきました。
特にこの三種は寿命が長く、生命力が非常に強い植物です。
松寿仙として、これらの生薬を服用することで、血液を浄化し、サラサラにすることができます。
良い血液、血流を造ることで、病気を治す自然治癒力を高め、健康寿命を保つことができます。
赤松葉、クマザサ、人参の単体ではなく、三位一体の松寿仙にすることで最大の効果が引き出されます。

A4 心筋梗塞、脳血栓の治療や予防でワーファリンを服用している場合、ビタミンKを多く含む青野菜の大量摂取をしないよわうに注意されます。
松寿仙に含まれるビタミンKの量は、約4.8μgしか含まれていません。この量は、同じ重さのほうれん草の100分の1程度なので問題ありません。松寿仙には血栓形成予防作用があるので、ぜひ継続しましょう。血栓などの持病を持っている方こそおすすめします。

A5 松寿仙には血流改善効果があるため、高血圧の場合は血圧が低下し安定していきます。
これは血流をキレイにすることで、心臓がムダな力をかけなくてよくなるからです。
しかし、すでに動脈硬化などがある方は、血流改善だけではすぐに圧力が下がらない場合があります。
その時は、血管が修復され、弾力を取り戻すまで継続することをお勧めします。
低血圧や正常血圧の方の場合には、血圧の変動は見られませんが、血流を改善することによって、低血圧に伴う様々な症状が改善されます。

A6 松寿仙のカリウム含量は100ml中12mg程度です。
松寿仙を一日30ml飲んだ場合、カリウム量は、トマト1個の100分の1、リンゴ1個の50分の1程度なので、食品に比較すると全く問題になる量ではありません。人工透析の方では、1日1564mg以下が摂取基準となっております。松寿仙を控える必要もありません。安心してお続けください。
血管の老化の予防になり、透析している方には、特にお勧めしたいです。

A7 松寿仙 は胃が悪くても服用できます。
逆に、服用すると胃の炎症や潰瘍を修復し、胃腸の働きを正常に戻していきます。
これは、胃の血流も良くなってくるからです。
胃炎や胃潰瘍の場合は、多めの松寿仙を原液か、濃いめで飲むと効果的です。
牛乳に入れて飲んでもよいでしょう。

A8 急性毒性検査の結果、ラット・マウスに人間(60kg)量に換算して、松寿仙を1回に70本服用させても死亡率はゼロです。
また、12ヶ月服用する慢性毒性検査においても、ラットは人間(60kg)に換算して松寿仙を毎日21本分服用しても毒性反応はゼロです。

A9 血液循環の改善や自然治癒力を高めるためには、通常 1回10ml 1日3回、お湯、お茶、水、牛乳などで(冷え性の人は温かくきて)、適度に薄めて、食前か空腹時にお飲みください。病状や体調の悪いときは1回量を増やしたり、服用回数を増やすと効果的です。

A10 液体の医薬品ですので、もし、開栓後に微生物が入ってしまった場合にその増殖を抑える事で腐敗や品質の劣化を防ぐ目的で使用されています。
腐敗や劣化の原因となる微生物が増えるためには、水分のある環境が必要になります。粉薬や錠剤には水分がほとんど含まれていないので、微生物が増えることができません。しかし液剤の場合は、水分が豊富に存在するために、微生物が混入してしまうとそれらの温床となってしまいます。その結果、食品が腐敗するのと同様に、液剤も品質の劣化や腐敗を招いてしまうのです。

✨松寿仙への想い

当店が松寿仙の取り扱いをあ始めたのは、平成19年。

不妊症の方の体質改善のために始めたのがきっかけです。

発売当初から私や夫も飲み始めました。

私は冷え性で、肩こりがひどく、冬になると手足が冷たくてなかなか眠れない!という日々が続いていました。

松寿仙を飲み始めてから4ヶ月目に入った頃、夫から「最近、肩もんでって言わなくなったね」と言われ、自分の肩こりが楽になっていたことに気づきました。

そして、その年の冬から、毎年、足元にカイロを3つも入れて、それでも足が冷たくて眠れなかった私が、カイロを使うこともなく普通に眠れるようになりました。

あ〜、私の身体、変わってきてる!と実感しました。

今では、家族全員、そして愛猫2匹も松寿仙を飲んでいます。

松寿仙は本物です!

薬の販売のプロである私たちが日常的に飲むものとして選んでいるのですから、皆さまも安心して飲んでいただきたいです。

赤ちゃんからご老人まで、年齢に関係なく、心身の健康のために役立ててほしいと思いながら日々販売しております。

松寿仙はカウンセリングによる店頭での対面販売か、お電話によるご相談販売のみとなっています。お気軽にお問い合わせください。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事

  1. 【水分補給】

    2019.08.8