【ガンとストレスの関係】

ストレスがかかると、自律神経の交感神経が活発化し、体の血管が収縮し血流が悪くなります。
そして、呼吸は浅くなり、酸素の供給が十分に出来なくなります。

つまり、体は“低体温”“低酸素”の状態となります。実は、これがガンの大好きな環境なんです!

また血液の白血球にも変化が現れます!

リンパ球が減少し、顆粒球が増加します。
リンパ球は、ウイルスや細菌などを退治してくれる働きがあり、減少することでその働きが低下します。

顆粒球は、細菌や死んだ細胞などを食べて処理してくれ、その結果、大量の活性酸素を発生します!

大量の活性酸素は、健康な細胞を酸化させて、細胞の老化やいろんな病気の原因になります。

もちろん、ガンもその一つです。

(*活性酸素については【病気の9割は増え過ぎた活性酸素が原因!】をご覧にください。)

************

さらに、ガン細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞」も抑制されるので、結果として免疫力が低下し、さらにガンの大好きな環境になっていまいます。

NHKスペシャルという番組の「キラーストレス」からの情報です。

オハイオ州立大学の研究チームは、ストレスホルモンで働き始めるATF3遺伝子について報告しています。

ストレスがかかると、ATF3遺伝子が働き出し、免疫細胞を、働きにくくしてしまいます。
その結果、ガン細胞は増殖し、発症したり悪化したりするとのことです。

以上、述べましたように、ガンとストレスは密接な関係があるのです。

ストレス対策は、
【当店おすすめのストレス対処方法】を合わせてご覧下さい。

************

🔷ガンにお勧めの商品
🌈《タヒボ茶》

タヒボは、ガン細胞に
「アポトーシス(細胞自殺)」を誘導させる作用や「ガンの転移・浸潤抑制作用」「血管新生阻害作用」などが報告されています。
また、活性酸素の除去能力も認められています。

 

🌈《紫華栄(シカロン)》

新陳代謝を高め、体内に蓄積した毒素や老廃物の排泄を促進し自律神経や免疫力を調節します。

 

🔷活性酸素の除去には、世界特許を取得している、世界特許を取得している次世代の抗酸化食品のサプリメントをおススメしています。

ご相談くださいね。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事