【処方コンセプト】あれこれと思い悩む取り越し苦労に

このタイプの方は、不眠・驚きやすい・憂うつ・不安などの精神的症状のほか、胸やけ・食欲不振などの消化器症状も呈する。

◆痰とは咳嗽時に喀出する痰を指すが、これは狭義の痰。広義の痰は身体に流れる水が停滞して熱をもち凝集化した結果、粘性化したものを指す。熱をもったため、痰熱(タンネツ)ともいう。
 
◆痰熱は、ストレスにより粘液状の分泌物が多くなったり、平素胃腸の働きが悪い人が、水分を取り過ぎると、体内に病理的な水湿(湿邪)がたまりやすくなる。これが長く停滞すると熱をもち、さらに粘り気を増し、体内の気血水の循環を滞らせて、不眠・頭痛・めまい・胸やけ・食欲不振を引き起こす。
 
◆温胆湯は痰熱を除き、痰熱が引き起こす精神症状や消化器症状を改善する。さらに、胆を強めて胆力(決断力)をつける。
 
◆「胆(キモ)が据わる」という言葉があるくらいで、胆は決断力を主る臓腑である。胆の機能が虚すると物事にビクビクして、不安を感じるようになる。日常生活の中で一番決断力を有するのは、就寝する時という。よって、胆が虚することは不眠につながる。

【処方構成】7味

燥湿化痰(ソウシツカタン:痰熱と余分な水分を除く)の二陳湯に清熱化痰(セイネツカタン:痰熱を除き熱を冷ます)のチクジョと理気のキジツを配合したもの。 また、見方を変えると、溜飲(食後ゲップや胸やけが多くて、みぞおち辺りが常に気持ち悪い)に用いられる茯苓飲から 補気のニンジン・ビャクジュツを去ってハンゲ・カンゾウ・チクジョを加えたとも考えられる。このことから気や水の滞りを除き、強力に痰熱を処理することが分かる。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事