【処方コンセプト】ストレスにより、胸脇や腹などが張るように痛む方

四逆散(柴胡、芍薬、枳実、甘草)の加味剤のひとつで、肝気鬱結に用いる代表的な処方である。胸脇部の張った痛み、胸部や腹部の遊走性の痛み、胸苦しさなどを訴え、女性では生理にトラブルが発生しやすいのが特徴である。とにかく不定愁訴が多く、その痛みも機能亢進によるものである。

◆肝気鬱結とは、精神的ストレスによる症状をさす。気の巡りが悪く、イライラ、憂うつ、胸脇部の張り、ため息などの症状を呈する。女性では、生理時に乳房が張って痛む、生理痛、生理不順などの症状もみられる。 ◆柴胡+芍薬の薬対が含まれる本方には疏肝解鬱(抗ストレス)作用がある。 精神的ストレスによる感情の起伏は、多くの病気の原因や増悪因子となることもある。逆に、さまざまな慢性病は感情の抑うつをもたらす。 ◆機能亢進により、実際に肝臓や胆嚢(あるいは胃腸や膵臓)に炎症が起きるなどして痛みが顕著な時にも用いる。膵炎や胆石による腹痛、脾湾曲症候群(大腸の一番高いところにガスが溜まって左側の腹が痛む)による痛みなどにも応用されている。ほかに肋間神経痛、腫瘍による痛み、肩の強ばり、頭痛などにも応用される。 ◆本方は四逆散の加味方なので脇痛だけでなく、四逆散タイプで肝気が胸脇部で詰まって痛みがあり、あるいは衝逆(つきあがる)して頭痛や肩背が強ばるものによい。四逆散より気の鬱滞が強く、胸、脇、腹が痛むものに使われる。

【処方構成】7味

本方は四逆散に川芎(せんきゅう)、香附子(こうぶし)、青皮(せいひ)を加えたもの。柴胡(さいこ)・芍薬(しゃくやく)で肝気が上昇するのを防ぎ、川芎は体を温めて血行を高め、香附子・枳実(きじつ)は気を調え運行をよくし、甘草(かんぞう)は芍薬や香附子と協力して鎮痛作用を増強する。 これに気滞を改善し左脇痛(膵炎による痛みなど)によく使われる青皮を加えたものである。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事