【処方コンセプト】疲れやすくて、イライラして、手足が冷える方

◆産前産後の漢方薬として、産前(妊娠中)には当帰芍薬散、産後(出産後)には芎帰調血飲第一加減がファーストチョイスになる。本方は産後の聖薬。

◆通導散(つうどうさん)とは表裏の関係にあり、どちらも気血のめぐりが悪いものに用いる。実証・熱証には通導散、虚証・冷えには本方を用いる。

◆産後には血脚気(足が立たないなど)、慢性関節リウマチ、気管支喘息をはじめ、いろいろな病気・症状が起きる。数年前の出産でも、産後に起きて瘀血(血の巡りが悪い状態)が原因と考えられる病気には用いてよい。

◆月経異常、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、血の道症など婦人科疾患にも広く応用される。また、頭痛、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴え、血の巡りが悪く冷えているタイプに広く用いられる。

◆血の巡りを改善する作用があることから、男女を問わず、虚血、うっ血などを伴う循環器疾患や下肢静脈瘤などに用いられる。

【処方構成】21味

本方は、21種ものたくさんの生薬から構成されていて、複雑に見えるが、増血しながら月経を整える四物湯をベースにして、血の巡りを改善する桃仁、紅花を加えた桃紅四物湯(とうこうしもつとう)が基本になった処方。また、その補助として理気(気の巡りを改善)、健胃(胃を整える)、温裏(胃腸を温める)、温経(経絡を温める)、鎮痛などの働きの生薬を加えていったものと考えられる。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事