🔹物忘れのメカニズム

人の記憶をつくっているのは“海馬”と呼ばれる脳の中のある特定の部位です。

私たちは外部からの情報をすべて記憶して保存することはできません。

そのため、脳は必要な情報だけを選んでいます。

海馬のはたらきは、この情報の選択をすることです。

海馬は、必要な情報を記憶として短い期間だけ保存しますが、その中からさらに長期間保存する必要のある記憶を選ぶはたらきもします。

つまり、海馬は“記憶をつくる工場”なのです。

海馬では、神経活動が活発で、神経間の情報処理能力が高まっています。

また、脳の他の部分とは違い、海馬の神経が新しく生まれることができます。

物忘れは、記憶をつくる工場である“海馬”が、加齢やストレス、脳の血流の悪化などで、はたらきが悪くなるために起きます。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事