🔹その物忘れ『認知症の前段階』かも?

💦玄関のカギを閉め忘れたかしら…

💦あれ?どこにしまったんだろう

💦あら、この方…名前が思い出せない

💦調味料を入れ忘れた!

💦どこまで話したかな?

💦はっ!電気を消してなかった!

💦予定が変わると戸惑ってしまう

💦短時間の作業でも頭が疲れる

💦うっかり勘違いをすることがある

💦言葉がすぐ出ないことがある

このようなことは誰にでもおこりますが、これが頻繁に起こるようになると要注意です。

なぜなら『認知症になる前段階』かもしれないからです。

この前段階を放置してしまうと、認知症に移行します。

移行率は1年後で12%、5年後には70〜80%です。

認知症とは「脳神経が直接障害されて起こる病気」のことです。

認知症の発症時には、脳の記憶に関わる重要な神経細胞の7割はすでに失われていると、ある学者はいっています。

もし、あなたが「最近、物忘れが増えてきた」と感じたら、早めの対策をしましょう。

✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨

では、どのような対策があるのでしょうか。

『認知症になる前段階』まできてしまっても、5人に1人くらいは正常な元の状態に戻る可能性があるといわれています。

これを調査した結果、注目されるポイントが2つありました。

それが「運動」と「新しい経験への意欲」です。

運動で脳に血液を十分に送り込めば、栄養や酸素を脳細胞に運ぶ毛細血管の流れが良くなり、脳細胞が元気になります。

おすすめは「有酸素運動」です。

ぶらぶら歩いているだけでは有酸素運動になりません。

会話ができるぐらいのペースで早歩きをしましょう。

毎日の習慣にするとよいですね。

また、新しいことを習得すると、脳の中に新しい神経回路がつくられます。

脳のネットワークが強化されるのです。

そして、「やる気」も出てきます。

物忘れがある方も、ない方も、早めの対策をとりましょう。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事