② アディポネクチンの分泌を促す

アディポネクチンは、内蔵脂肪から分泌されているホルモンで、別名 長寿ホルモンと言われています。

内蔵脂肪から分泌されるとは言え、太っているからといって分泌量が多いわけではありません。

「太る」というのは、内蔵脂肪の細胞が膨らみ、周りにある毛細血管を圧迫するため、脂肪細胞自体に酸素が回らなくなって、逆に脂肪細胞はアディポネクチンを分泌しなくなります。

また、痩せすぎでも脂肪の量が十分ではないため分泌が悪くなります。

アディポネクチンは、女性ホルモンに似た働きを持っています。

✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨

〈アディポネクチンの働き〉

🔹脂肪の燃焼と、糖利用の促進により、

メタボ、糖尿病、動脈硬化、心臓病などの

予防と改善

🔹炎症の抑制

🔹ガンの予防

🔹ヒアルロン酸の分泌が促され、美肌、

関節に良い

✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨

〈アディポネクチンを増やすには〉

良い形の脂肪細胞を持つことです!

筋肉が動くことによって、加速度的に分泌量が増します!

1日20分以上の有酸素運動が効果的です。

運動が無理な人は、背筋をしっかり伸ばし、腹筋に力を入れ、足を閉じて座るだけでも、体の中心の筋肉を鍛えられます。

✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨

〈アディポネクチンを増やす成分と食材〉

🔸マグネシウム

アオサ、わかめ、ひじき、ゴマ、アーモンド、

干しエビ、煮干しなど

🔸EPA

青魚、マグロなど

🔸大豆タンパク

納豆、豆乳、豆腐など

🔸発酵食品

しょうゆ、みそ、キムチ、ピクルス、

ヨーグルト、チーズなど

🔸オスモチン

(アディポネクチンと似ている天然成分)

トマト、ピーマン、トウモロコシ、じゃがいも、

キウィ、ぶどう、さくらんぼなど、

🔸コーヒー、杜仲茶

✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨🍀✨

NHKの番組「ためしてガッテン」で、

脂肪細胞をきれいな形にして、アディポネクチンの分泌を短期間で効率的に増やせるという

【壁ネクチン体操】が紹介されました。

🌈【壁ネクチン体操のやり方】

(ためしてガッテン公式サイトより)

内臓脂肪に効果がある運動をすれば、たとえ太っていても、アディポネクチンの分泌量を増やすことはできます。番組のために専門家が考案した「壁ネクチン体操」をご紹介します。

1

2 壁に張り付く(後頭部、肩、手、尻を浮かさないように お腹に力を集めるように意識)
…3分間

3 ひねり運動(足一つ分前へ踏み出し、体を大きく左右にねじりながら、右手で左側、左手で右側の壁をタッチ。大きな声でカウントする)
…30回

4 羽ばたき運動(壁にくっつき、両手を壁から浮かさずに上下に動かす)
…3往復

5 壁に張り付く(羽ばたき運動が終わったら、そのまま手を止めて再び張り付く)
…3分間

6 笑う深呼吸(両かかとを合わせ、両膝を開くようにしっかり曲げて腰を落とす。 次に、両手をまっすぐ上に上げながら「いよ〜っ」などと大きく掛け声。 左右から手を下ろし、膝を伸ばしながら「わっはっは」などと大声で笑う。
…3回

7

※1日2回行うとより効果的です。

※声を出したり、笑う時は、腹式呼吸になるように意識しましょう。

※食前・食後30分の体操は避けてください。気分が悪くなったり、体に不調をきたした場合は、すぐに体操を中止し、かかりつけの医師にご相談ください。

※笑いは体に負担をかける場合があるので、ヘルニア、心臓疾患などの持病がある方は、かかりつけの医師に相談の上、行ってください。

🙋🏻‍♀️これでアディポネクチンの分泌が増え、更年期症状の改善の助けになるとうれしいですね!

簡単な体操なので、ぜひやってみましょう💓

〜おススメのサプリメント〜

EPAの補給に!【ラビシン 】


お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事