【現代はストレス社会】

私たちは常にストレスにさらされながら生きています。

ストレスで体調を崩した、ストレスを受けて仕事に行けなくなった、ストレスで心が壊れそう!…など、当たり前のように「ストレス」という言葉を使っています。

✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨

では、ストレスって何が原因になるのでしょうか? (ハンス・セリエのストレス学説より)

*温熱、寒冷、痛覚、圧力、光、騒音などの
物理的原因
*薬物、化学物質、有害化合物、環境ホルモン
などの化学的原因
*細菌、ウイルスなどによる感染や炎症などの
物理的原因
*人間関係、社会的な責任や重圧、経済的困窮、
将来の不安、大切な人の喪失体験、怒り、
緊張などの心理的原因

これらが、単独または複数重なって、ストレスとなり、心や体に影響を及ぼします。

✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨

ストレスはどのように私たちの体に影響を及ぼすのか?

不安や恐怖などのストレスが発生
→脳の扁桃体という部位が刺激され興奮する
→扁桃体から「ストレスに対処せよ!」という指令が出る
→指令に従って自律神経の交感神経が優位となる

その結果、次のような反応が体に起こります!

*全身の血管がギューッと収縮する
*血液の巡りが悪くなり冷える
*血液が固まりやすくなる
*活性酸素が増え体の細胞を傷つける
*副腎から抗ストレスホルモンが分泌され血糖が上昇する
*このような反応がいろんな病気につながっていくのです!

また、以前にネットを見ていて見つけた情報なのですが、うつ病などの“メンタル労災”と認定された人の数は、この10年で約4倍にも膨れ上がっているそうです!

このメンタルがやられてしまう原因となるものが「頑張るストレス」と「我慢するストレス」!

「頑張るストレス」では、アドレナリンというホルモンが過剰に分泌され、交感神経が絶え間なく刺激され、体に影響を及ぼします。

「我慢するストレス」では、コルチゾールというホルモンが分泌され、過剰になると脳に溢れて、海馬(記憶や感情を司るところ)の神経が蝕まれて萎縮し、うつ病のような症状をもたらします。

さらに、このメンタルの状態を悪化させるものがあるのです!!

それは、「記憶力」と「想像力」です!

大きなストレスを受けた場面を思い出してしまう
「記憶力」
そして、また同じようなスタイルを受けるのではないだろうかという「想像力」

この記憶と想像によって、脳はその都度ストレスを感じるのです。

以上のべました「頑張るストレス」「我慢するストレス」「記憶力と想像力」!
これらはすべて、自らストレスを生み出しているとも言えるのです。

つまり、自分の考え方や考えグセ、生き方によってコントロールできるということなんです。

✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨🔹✨

ストレスに役立てる当店おススメの漢方やサプリメントを紹介します。

【新ササカール】

【未来の青汁 パニウツ元気】

漢方薬については、ご相談くださいね。

*「ガンとストレスとの関係」や「当店オススメのストレス対処法」についても併せてご覧ください。

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事