【報恩(ほうおん)】

先日、机の引き出しの中の整理をしていました。何でもかんでもポイポイ入れて整理するための引き出しです。時々、溜まったものを見直しています。

その中に、以前に北陸三十三観音巡りで輪島市門前の、総持寺に行った時にいただいた「明珠」という小冊子が出てきました。

読まずに放り込んでいたんですね😅

ちょっと開いて読んでみました。その中に「報恩」と題した文章が載っていました。

******************

🔸『報恩(ほうおん)』
恩に報いる、と書いて報恩と読みます。 平たく言うと、ご恩返しという意味に近いかもしれません。
生きている方に恩返しすることはできますが、亡くなった大切な方にはどう恩返ししたらよいでしょう。
以前、こんな話を耳にしました。
余命宣告を受けた父親が、皆に言っておくことがあると、病院のベットに家族を呼び寄せました。
布団の上で、家族の手をぐっと握りしめながら、静かにこう言ったそうです。
皆、仲良く」。
自分の命がわずかだと知って託した願い。 それは、家族が仲良く、幸せであってほしいという切なる想いでした。
こういった話を聞くにつけ、亡くなった方の願いというのは、これから先を生きていく人たちの幸せなのだと、実感します。
私たちが過ごしているこの二十四時間は、亡くなった方がどんなに望んでもたどり着けなかった二十四時間です。
その貴重な時間を、今、あなたは生きています。
亡き人を身近に感じ、この場にいたら喜んでくれるような生き方をする。
心豊かな人生のあり方ですね。
願っていた生き方がある。
その想いにこたえて生きる。
報恩の、一つの答えです。

******************

ああ〜〜、この小冊子、置いといて良かった😊 なんだか、今生きているこの時間が、とてもとても貴重な時間だと感じます。

私たちは、無意識のうちにいろんなことを当たり前だと思っているけど、本当は奇跡と感謝の連続なんだって思います。

最近、白血病を告白した水泳の池江璃花子さんや、ステージ4の口腔ガンを告白した堀ちえみさん。

大変な状況にもかかわらず前向きでいる姿には感動しますし、心から応援したくなります。 同時に今、健康でいる自分がどんなに幸せで特別なのかを実感するのです。

ちょっとしたことに過剰反応して怒ったり、ぐち・泣き言ばかり人に訴えたり、悪口を言ったり…、そんなことしてる場合じゃないですね!

今日もいろんなことに気づけて良かった😄 ついてるついてる感謝してます💖

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事