【めざせ!センテナリアン第2弾 テロメアが長い】

10月20日の輪島まちゼミ

🔹【めざせ!!センテナリアン】🔹シリーズ

第2弾 《テロメアが長い》です😄

〜テロメアとは〜

テロメアは、「命のロウソク」とも言われており、染色体の末端にあり、染色体を保護しています。

染色体の中には、2本のらせん状になった遺伝子が収められています。

身体に活性酸素が増えると細胞が傷つけられるため、新しい細胞を作ろうとします。

その時、染色体はコピーを作り新しい細胞にも同じ染色体を持とうとします。

染色体がコピーを作るときにテロメアが使われて

だんだん短くなっていきます。

〜テロメアが短くなるとどうなる?〜

まず染色体が不安定になり遺伝子の変異がおきやすくなります。

テロメアが短くなった細胞は、本来やらなくてはならない仕事をさぼるようになります!

たとえば、皮膚の細胞のテロメアが短くなると、コラーゲンを分泌して皮膚に張りを作る仕事をさぼってしまうことで、皮膚のたるみやシワができる!

たとえば、脳の海馬の細胞のテロメアが短くなると、海馬が萎縮して認知症になりやすくなる。

たとえばヘビースモーカーだと、肺の細胞のテロメアが短くなると、肺の細胞がさぼって、肺機能の低下や肺がんになりやすくなります。

さらに、テロメアがある長さまで短くなると、細胞分裂が出来なくなりどんどん老化が進むことになります。

〜テロメアの短縮を遅らせるには〜

① 有酸素運動 1日30分以上のウォーキング

② 野菜中心の食事。和食がおすすめ。

オメガ3の油の摂取

③ 7時間以上の睡眠

④ 瞑想 1日10分くらいから始めてみよう。

次は《ミトコンドリアが元気》ですよ🙋🏻‍♀️

お悩み相談・お問い合わせ


お気軽にどうぞ!


★LINEで
友だち追加
★メールで

最近の記事